PROFESSIONAL SHOOTO JAPAN
PROFESSIONAL SHOOTO ORIGINAL OFFICIAL WEB SITE
修斗とは? プロフィール ランキング アマチュア ジム チケット販売 グッズ販売
スケジュール
 
  大会詳細
インタビュー
  


■西岡攻児
「コツコツやってきた人間が才能がある選手に勝って、努力が才能に勝てるんだということを証明したい」


――ここまでのトーナメントを振り返っていかがでしたか?

「自分が想定していたように、相手の打撃をかいくぐってテイクダウンしてポイントを取るという勝ち方で決勝に来れたかなと思います」

――西岡選手はクラスA選手としてクラスB選手を対象にしたインフィニティトーナメントに参戦したわけですが、プレッシャーはなかったですか?

「弘中(邦佳)さんや周りからは『勝って当たり前だ』と言われていたし、自分自身も勝たないと話にならないとは思っていました。でもそこで変にプレッシャーを感じることなく、手堅い試合が出来たと思います」

――改めてトーナメント出場を決めた理由は何だったのですか?

「プロモーターの方も僕とランキング上位の選手の試合を組もうとしていたそうなのですが、なかなか試合を受けてもらえず(苦笑)。それで試合から遠ざかるくらいなら、トーナメントに出ようと思い、受け入れてもらえた形です」

――結果を残していても試合が組まれない状況は複雑でしたか?

「そうですね。勝っているのに試合が決まらないのは残念でした。ただ判定ではなく一本・KOで勝って、周りに『あいつは戦う価値がある選手だ』と思わせないといけないですよね」

――以前、専門誌のインタビューで「ジョン・フィッチがUFCをリリースされてショックを受けた」ということを言われていましたが。

「今までは勝つこと自体も出来なかったので、まずは勝つことを考えて試合をしていました。でもフィッチや岡見(勇信)さんだったり、僕が目指している選手がリリースされてしまい…。僕もスタイルを変えつつ、勝てるだけじゃなくてお客さんに覚えてもらえるような試合をしなきゃいけないと思っています。そうは言ってもトーナメントも2試合連続で判定勝ちなんですけど(苦笑)」

――やはりそこにはジレンマがありますか?

「はい。自分が出来ることを積み重ねて結果を出していけば、いずれは自分が目指す選手になれるのかな、と。そう思って試合と練習を続けています」

――例えば練習ではバンバン一本取るけれど試合では取れない、というわけではない?

「僕は練習でも試合でもほとんど変わらないです(苦笑)。なのでキックのトレーナーさんにパウンドのミットを持ってもらったり、柔術の先生に関節技を教わったり。ポジション&コントロール重視のスタイルではなく、フィニッシュを意識した練習を続けています」

――では決勝で対戦する大尊選手にはどんな印象を持っていますか?

「キャラもあってパンチ力もあって力もあっていい選手だなと思います」

――大尊選手は「西岡選手と自分は真逆だ」と言っていました。

「それは僕も思います。多分、僕と大尊選手が同じ職場で働いていたら、仲良くなることはないでしょうね。格闘技の試合で戦う以外には接する機会がないタイプの人だと思います(笑)」

――ずばり大尊選手のパンチが当たるか。それとも西岡選手がテイクダウンするか。そういう展開になると思います。

「僕自身、才能がない選手だと自覚しているので、自分が出来ることは理解しています。打撃をかいくぐって、テイクダウンして抑え込んで、隙があったらパウンドかサブミッションを狙う。大尊戦もそういう試合になるでしょうね」

――自分に才能がないというのは、いつから思っていたんですか?

「格闘技を始めた頃からです。体育の授業も成績が悪かったですし、僕は明らかに運動神経がないですよ(苦笑)」

――そういう自分が勝つにはリスクの少ない戦い方で堅実に勝っていくしかない、と。

「そうですね。僕はそれを続けていけばチャンピオンに近づけると思っていたのですが、やはりプロの世界はそういうわけにはいかず…。ただ勝つだけではなく、それ以外の何かがなければいけないと思って試行錯誤しています」

――マスタージャパンで言えば同階級の世界王者・弘中選手がいることは刺激になりますか?

「弘中さんは僕と違ってセンスも運動神経もあって、それを試合で出すことも出来る。客観的に見てすごいなと思います。だから自分と重ねたりはしないです(笑)」

――このトーナメントを優勝する、しないでは、今後のキャリアが大きく変わってくると思うのですが、その部分についてはいかがでしょうか?

「形的にはクラスBの選手たちにクラスAの僕が混じっているトーナメントですが、僕がタイトル挑戦に相応しいと認めてもらえるためのトーナメントだと思っています。僕のようなコツコツやってきた人間が大尊選手のように才能がある選手に勝って、努力が才能に勝てるんだということを証明したいし、来年は環太平洋のタイトルに挑戦したいと思います」


西岡 攻児 KOUJI NISHIOKA
にしおか・こうじ
世界ウェルター級10位
環太平洋ウェルター級7位
[出身地]長崎県佐世保市
[所属]MASTER JAPAN
[生年月日]1987年6月4日(26歳)
[身長]170cm
[プロ戦績]14戦8勝2敗4分
[最近3戦の戦績]
2012.10.27 ○(2R判定 3-0)フォアマン
2013.07.27 ○(2R判定 3-0)鈴木淑徳 ※トーナメント1回戦
2013.09.29 ○(2R判定 3-0)藤巻優 ※トーナメント準決勝


大会詳細
BLOG
佐藤ルミナ
佐藤ルミナ
RUMINA SATO
UPDATE!! roots
桜井“マッハ”速人
HAYATO SAKURAI
UPDATE!! 総合格闘技 MACH 道場
MORE
HOME PAGE TOP
個人情報保護方針 利用規約/免責事項 お問い合せ窓口
修斗、及び修斗ロゴは登録商標です。無断で使用することは堅く禁じられております。無断で使用した場合は法的措置をとる場合がございます。
SITE MAP ENGLSH スケジュール イベント情報 リンク集