PROFESSIONAL SHOOTO JAPAN
PROFESSIONAL SHOOTO ORIGINAL OFFICIAL WEB SITE
修斗とは? プロフィール ランキング アマチュア ジム チケット販売 グッズ販売
スケジュール
 
  大会詳細
インタビュー
  


■佐々木信治
「しがみついてでも勝って弘中さんの世界タイトルに挑戦したい」



――昨年はタイトル獲得に始まり、他団体出場など色々なことがあった1年でしたね。

「1月に環太平洋のタイトルを獲ることが出来て、その後は修斗の代表という形で他団体で試合させてもらいました。そこで修斗の強さを見せるつもりだったのが、1勝1敗に終わってしまって、自分の実力がまだまだだと感じさせられました」

――特に9月のパンクラス横浜文化体育館大会(VSボグダン・クリスティア)への出場が大きかったと思うのですが、あの時は修斗代表として乗り込む気持ちでしたか?

「はい。坂本(一弘)代表からもそういった言葉をもらいましたし、僕自身も修斗以外で戦うことはあまり考えてなくて、余所のリングに上がるとしても修斗の代表として戦うつもりです」

――試合は僅差の判定負けでしたが、試合後はどんなことを思いましたか?

「あの試合で言えば僕は判定で勝つタイプではないのに、試合途中にポイントのことを考えて判定を意識したことがよくなかったと思います。やはり最後まで相手を仕留めるという気持ちで戦わないと、自分に勝ちは回ってこない。そういった悔いが残りました」

――その一方で久々に欧米の選手と戦って、手応えを感じる部分はありましたか?

「僕は日本人選手よりも外国人選手の方がやりやすいのはやりやすくて、前回の試合もやりやすかったですね。練習してきたことも出せたとは思うし、自分の成長を感じることは出来ました。だからこそ最後まで仕留める姿勢を貫けなかったことが反省点です」

――チャンピオンという肩書を持ってどんな変化がありましたか?

「やはり修斗代表として他団体に出て勝てなかったことが申し訳ないという気持ちになって…。だから今は練習でも絶対に妥協しないことを目標に定めました。どうしても練習で『今日はもういいかな?』と思うこともありますが、それを絶対にしないように。自分に負けないという課題を持ってやってきました」

――そして初防衛戦の相手が太尊伸光選手に決まりました。

「インフィニティトーナメントの優勝者と防衛戦という話は聞いていたので、12月に決勝戦があって3月に防衛戦になるだろうなと予想していました」

――太尊選手の優勝は予想していましたか?

「僕は西岡(攻児)君が上がってくると思っていました。ただ前半の太尊選手の打撃を凌げば西岡君、逆に前半でパンチが当たれば太尊選手という試合になるんじゃないかなと。そしたら予想通りの展開になって、結果的に太尊選手がKO勝ちしましたね」

――太尊選手はパンチ主体の分かりやすいファイトスタイルですが、どう分析していますか?

「パンチ力は相当あると思いますが(王座決定戦で戦った)小知和(晋)君もすごくパンチ力があるんです。太尊選手のすごいところはパンチ力+回転力ですよね。軸がぶれないパンチというか。タックルの反応も早いですし、パンチ一発に気をつけるというよりも連打、テイクダウンディフェンスも警戒しています」

――派手な勝ち方がクローズアップされがちですが、もっとトータル的に出来る選手という認識のようですね。

「そうですね。打撃の組み立てやフェイントも上手いですし、考えながら戦っていて、しっかり練習しているんだなと思います。思い切り殴りに来るだけの選手ではないですよね」

――しかし佐々木選手の方がキャリアも上で、佐々木選手有利という見方をする人が多いと思います。

「周りはそう見るかもしれませんが、僕はエリート街道を進んできたトップ選手と比べると負けの数も多いですし、自分の中では自分が上の選手だという認識はありません。どちらかといえば太尊選手の方が連勝中で勢いもあって、負けている数も少ないじゃないですか。だから胸を貸すとか迎え撃つというよりも同じ立場でベルトをかけて戦うという心境ですね。しがみついてでも勝ちたいです」

――初防衛戦をクリアした先に見据えているものはありますか?

「僕は修斗が大好きなんで、もう一つ上のベルト(世界タイトル)を巻きたいです。世界チャンピオンの弘中(邦佳)さんもパンクラスでISAO選手と戦いますが、僕もしっかり防衛するんで弘中さんにも勝ってもらって、弘中さんに挑みたい。僕が広島、弘中さんが山口出身ということで昔からよく話す仲だったんです。それで弘中さんから『いつでも挑戦待っているぞ』と声をかけてもらって、ここでベルトを防衛出来たら『挑戦させてください』と言えると思います。弘中さんにかけてもらった言葉を実現できると思うと気持ちは高ぶるし、防衛戦をクリアして弘中さんと世界タイトルをかけて戦いたいです」




大会詳細
BLOG
佐藤ルミナ
佐藤ルミナ
RUMINA SATO
UPDATE!! roots
桜井“マッハ”速人
HAYATO SAKURAI
UPDATE!! 総合格闘技 MACH 道場
MORE
HOME PAGE TOP
個人情報保護方針 利用規約/免責事項 お問い合せ窓口
修斗、及び修斗ロゴは登録商標です。無断で使用することは堅く禁じられております。無断で使用した場合は法的措置をとる場合がございます。
SITE MAP ENGLSH スケジュール イベント情報 リンク集