PROFESSIONAL SHOOTO JAPAN
PROFESSIONAL SHOOTO ORIGINAL OFFICIAL WEB SITE
修斗とは? プロフィール ランキング アマチュア ジム チケット販売 グッズ販売
スケジュール
 
  大会詳細
インタビュー
  


■室伏シンヤ
「負けを経験してきた人間の強さを見せる。修斗の価値を高めていける王者になりたい」




――初防衛戦に向けて仕上がりはいかがでしょうか?

「体調も良く怪我もなく仕上がっているので、このままいけば万全の状態でリングに立てると思います」

――1月に世界タイトルを獲って、防衛戦はいつ頃を想定していましたか?


「スケジュール的に秋頃になると予想していたので、そのつもりで準備を続けていました」

――挑戦者の内藤選手についてはどんな印象を持っていますか?

「フライ級で一番勢いのある選手が内藤選手で、挑戦者決定戦も生で観戦させていただいて、やはり来たなというのが正直な気持ちです。ここ最近の好調ぶりが印象深いですね」

――内藤選手は“のび太”キャラですが、ファイトスタイル的には体力もあって粘り強い。気持ちも折れないファイターです。

「本当にタフですよね。技術よりもスタミナや気持ちの強さで勝負する選手で、練習量に裏打ちされたスタイルだと思います。接戦に競り勝つガムシャラさを感じます」

――室伏選手は今回の試合に向けてどんなことを意識して練習していますか?

「今回の試合は勝って防衛して、初めて評価される試合だと思うので、一本・KOを狙うのはもちろんですが、勝つことが何よりも大事だと思います。応援してくれる人たちは僕が勝つ姿を見に来るわけだし、逆に僕の方が泥臭くても勝ちに徹するというか。やっぱり防衛回数0で戴冠歴が1年に満たないチャンピオンは嫌ですからね」

――ベルトを巻いてから勝利へのこだわりは強くなりましたか?

「そうですね。応援してくれる人たちが増えたのでプレッシャーもありますが、その期待に応えたいという気持ちの方が強いです」

――室伏選手にとっての理想のチャンピオン像はどんなものですか?

「修斗の価値を高めていけるチャンピオンになりたいです。今は他団体で試合をしている修斗の元チャンピオンたちは、しっかり修斗のベルトを輝かせていたから選手として評価されていたと思うんですね。僕の中でそれだけ修斗のベルトは価値があるものだし、僕はまだベルトを手にしただけで、このベルトには何もしてあげられていません。だから今回の試合は僕が修斗のベルトの価値を高めていくための試合なのかなと思っています」

――まだ内藤選手にベルトを巻かせたくないですか?

「ですね。内藤選手の7連勝、僕はそれを経験したことがありません。むしろ僕は何度も負けを経験してきた選手です。でもその差を見せたいですね。負けてないというのはすごいことだし、尊敬もしていますが、僕は負けて自分に足りないものに気づいて、それを克服してベルトを巻きました。僕には負けを経験をした人間の強さがあると思います」

――今大会はバラエティ豊かなカードが並んでいて、この試合がメインイベントです。どんな試合を見せたいですか?

「環太平洋のタイトルマッチはバチバチに盛り上がると思うので、その熱を逃がさないようにしたいです。同じタイトルマッチとして(環太平洋フェザー級と)比べられるところもあるだろうし、他のフライ級の試合とも比べられると思います。その中でメインの世界タイトルマッチは違うなと思わせる試合をして、その上できっちり勝ちたいと思います」



▼プロフィール
室伏シンヤ  SHINYA MUROFUSHI
むろふし・しんや
第4代世界フライ級チャンピオン/初防衛戦
2006年フライ級新人王
[所属]SUBMIT MMA
[出身地]静岡県田方郡
[身長]171cm
[生年月日]1983年7月10日(31歳)
[戦績]14戦10勝(6S・1KO)3敗1分


大会詳細
BLOG
佐藤ルミナ
佐藤ルミナ
RUMINA SATO
UPDATE!! roots
桜井“マッハ”速人
HAYATO SAKURAI
UPDATE!! 総合格闘技 MACH 道場
MORE
HOME PAGE TOP
個人情報保護方針 利用規約/免責事項 お問い合せ窓口
修斗、及び修斗ロゴは登録商標です。無断で使用することは堅く禁じられております。無断で使用した場合は法的措置をとる場合がございます。
SITE MAP ENGLSH スケジュール イベント情報 リンク集