PROFESSIONAL SHOOTO JAPAN
PROFESSIONAL SHOOTO ORIGINAL OFFICIAL WEB SITE
修斗とは? プロフィール ランキング アマチュア ジム チケット販売 グッズ販売
スケジュール
 
  大会詳細
インタビュー
  


■根津優太
「ベルトは希望の証のようなもの。挑戦者を圧倒して王者らしい試合をする」




――初防衛戦に向けて仕上がりはいかがでしょうか?

「タイトルを獲った時から、防衛戦は圧倒するという目標を持っていたので、ずっとそのための練習を続けていました。だから挑戦者を圧倒して王者らしい試合をする。その気持ちはずっと変わらないです」


――挑戦者が決まる前からそう思っていたのでしょうか?

「はい。誰が挑戦者になっても圧倒して勝つのは僕です。そうじゃないと次には進めないので。環太平洋のベルトを獲るという一つの形を残すことは出来ましたが、それがゴールではないです」

――改めて3月の王座決定戦を振り返っていただけますか?

「諦めないで良かったなという一言ですね。それまで何度も諦めようと思ったので」

――最近は試合に臨む心境も変わってきたのでしょうか?

「そうですね。昔は一発殴られたり、目が合うだけで『なんだ?この野郎!』みたいに熱くなっていたのが、今では冷静に戦えるようになりました」

――例えば計量会場などでも対戦相手と顔を合わせたなくなかった?

「相手次第ですね。もし相手がそういうモードで来るなら僕もそうなるし。今はもうちゃんと自分をコントロールできるようになりましたけど(笑)」

――挑戦者の石橋選手についても聞かせてください。石橋選手が挑戦者になることは予想していますか?

「全く予想していなかったですね」

――石橋選手にはどんな印象を持っていますか?

「5連続一本勝ちしているような選手なので寝技で攻めてくるでしょうね。かと言って寝技だけを警戒しているわけではないので、トータル的に準備しています」

――どんな試合展開をイメージされていますか?

「僕自身はどんな展開になっても面白い試合になると思っているので、あとは相手次第ですね。それを抜きにしてもテーマは圧倒・圧勝です」

――やはりこの試合をクリアし、世界タイトル挑戦やVTJへの再出撃を考えていますか?

「はい。そしていずれは海外で試合をしていきたいですね」

――そういう意味でも環太平洋王者になったことは大きいですか?

「そうですね。今年ベルトを獲れなかったら、先のことは考えられなかったので。だからこそ初防衛戦は落とせないし、差を見せて勝ちたいです」

――ベルトを手にして格闘技で成功するという気持ちは強くなりましたか?

「強くなりましたね。ベルトは僕にとって希望の証みたいなものです。普段の僕は今までと変わらないですけど、試合が決まって取材を受けたりすると『俺ってチャンピオンなんだな』と実感します」

――今大会でもこの試合を楽しみにしているファンの人たちは多いと思います。どんな試合を見せたいですか?

「セミファイナルなんでメインを食うような試合をしたいです。大会が終わった時に根津の試合が一番面白かったという声が欲しいです。自分は前座の頃から後ろの試合は全部俺が食ってやると思っていたので、今回も自分が全部持っていきます。なので根津優太に注目してください!」





大会詳細
BLOG
佐藤ルミナ
佐藤ルミナ
RUMINA SATO
UPDATE!! roots
桜井“マッハ”速人
HAYATO SAKURAI
UPDATE!! 総合格闘技 MACH 道場
MORE
HOME PAGE TOP
個人情報保護方針 利用規約/免責事項 お問い合せ窓口
修斗、及び修斗ロゴは登録商標です。無断で使用することは堅く禁じられております。無断で使用した場合は法的措置をとる場合がございます。
SITE MAP ENGLSH スケジュール イベント情報 リンク集