PROFESSIONAL SHOOTO JAPAN
PROFESSIONAL SHOOTO ORIGINAL OFFICIAL WEB SITE
修斗とは? プロフィール ランキング アマチュア ジム チケット販売 グッズ販売
スケジュール
 
  大会詳細
インタビュー
  


■菅原雅顕
「格上・格下は関係ない。自分がやるべきことをやって勝つ」




――7月の六本木洋戦は久々の勝利でしたね。

「自分の中では固かったなというのはあったんですけど、1Rからガンガン行くという気持ちを持って戦えたことは良かったと思います。僕は後半になると尻上がりに良くなるタイプで、盛り返せないことが多かったんです。だから1Rから行ける選手になりたいと思っていて、前回はそういう試合が出来たかなと思います」


――練習やスパーリングでも自分から攻めることは意識していた?

「そうですね。どうしても1Rは相手の様子を見るという癖はあるんですけど」

――前回の勝利で掴んだものはありますか?

「感覚を最初から研ぎ澄ませるというか、意識の中では1Rからフルスロットルで戦うことを考えるようになりました。僕は1Rに集中力を欠くことが多かったんですけど、最初から集中力を高くしておけば、相手の動きにも反応できるじゃないですか。だからそこを意識して戦いたいと思います」

――征矢選手にはどんな印象を持っていますか?

「やはりパンチ力は相当あるんだろうなと思います。また19歳でここまで出来るのは大したもんだなと思います。僕は18〜19で格闘技を始めて、当時は大した練習もしていなかったので」

――非常に攻撃力がある選手ですが、どんな練習をしてきましたか?

「やはりパンチの勝負になると思うのでボクシングの練習は増やしました。それは僕が攻撃するだけでなく防御という面でも。色んなシチュエーションで練習を積んできました」

――征矢選手はほとんどKO負けしていない菅原選手を自分がKOすると意気込んでいました。

「特に思うことはないですね。僕は自分の課題を克服できるように戦うだけです」

――世界ランカーの菅原選手に無敗の征矢選手が挑むという図式もありますが、それも意識はしていない?

「そうですね。どちらが格上・格下、ランキングに入っている・入っていないは関係ないです。僕は自分がやるべきことをやれば勝てると思います」

――打撃を得意とする2人の対戦ということで、この試合に注目しているファンも多いと思います。ずばりどんな試合を見せたいですか?

「打ち合いになることは間違いないと思うので、会場に見に来てくれたお客さんたちが来てよかったと思えるような激しい試合をしたいです」




大会詳細
BLOG
佐藤ルミナ
佐藤ルミナ
RUMINA SATO
UPDATE!! roots
桜井“マッハ”速人
HAYATO SAKURAI
UPDATE!! 総合格闘技 MACH 道場
MORE
HOME PAGE TOP
個人情報保護方針 利用規約/免責事項 お問い合せ窓口
修斗、及び修斗ロゴは登録商標です。無断で使用することは堅く禁じられております。無断で使用した場合は法的措置をとる場合がございます。
SITE MAP ENGLSH スケジュール イベント情報 リンク集