PROFESSIONAL SHOOTO JAPAN
PROFESSIONAL SHOOTO ORIGINAL OFFICIAL WEB SITE
修斗とは? プロフィール ランキング アマチュア ジム チケット販売 グッズ販売
スケジュール
 
  大会詳細
インタビュー
  


■ランボー宏輔
「ベルトに絡むチャンスはそう簡単に来るものではない。やっと巡ってきたチャンスを絶対にモノしようと思う」





――2014年はランボー選手にとってどんな1年でしたか?

「去年は2試合で修斗で1試合、ONE FCで1試合という1年でした。ONE FCではアドリアーノ(・モライシュ)選手にめちゃくちゃにされて、悔しい想いをしました」


――初の海外遠征になったONE FC参戦は大きな経験だったと思うのですが、何を感じましたか?

「まず初めて経験することがすごく多かったんですよね。海外遠征も初めてで、外国人選手と戦うのも初めてで、メインイベントも初めてで…。経験的にはいい経験をさせてもらったんですけど、やっぱり悔しいです(苦笑)」

――モライシュ戦は3Rに一本負けという結果でしたが、どこにモライシュとの差を感じましたか?

「僕はもっと打撃に付き合ってくれると思っていたら、どんどんタックルに入られて。僕もそれを思うように切れず、テイクダウンされて抑え込まれ続けました。だからもっとあの場面でタックルに対応することが出来たら、という後悔があります」

――外国人選手特有のパワーは感じましたか?

「そこまで感じなかったんですけど際の強さは感じました。どちらかが有利になるギリギリのところで、必ずアドリアーノが競り勝っているみたいな。だからパワーよりも上手さがありましたね」

――ONE FCでの敗戦を踏まえて、どんなことを意識して練習してきましたか?

「前に出るスタイルは基本的に変えることはないですが、その中で際の攻防に勝つことや相手のへの対応力を上げる練習をしてきました」

――そして今大会では世界バンタム級王者・神酒龍一選手への挑戦権をかけて菅原選手と再戦します。菅原選手とは2013年9月に対戦し、判定で勝っています。前回の対戦も踏まえて、菅原選手にはどんな印象を持っていますか?

「すごく気持ちが強くて、常に前に出てくるイメージですね。タフというか、パンチを当ててもなかなか倒れなくて、それでスタミナがある選手だと思いました。ゾンビみたいな選手だと聞いていたんですけど、本当にそんな感じでしたね」

――ランボー選手にとっては一度勝っている相手との再戦を受ける形ですが、どんな試合になるとイメージしていますか?

「一度勝っているとは言え、本当に僅差の判定だったし、逆に自分が負けていたかもしれないという気持ちで、菅原選手に挑むつもりで戦います」

――なるほど。過去の勝利でアドバンテージはない、と。

「そうですね。ただお互いのスタイル的に、展開によってはテイクダウンを狙うこともあると思いますが、打ち合う場面が多いのかなと思います」

――ランボー選手は修斗のベルトについてどんな想いがありますか?

「修斗を始めた時からベルトが目標で、せっかくチャンスをいただいたので、このチャンスは絶対に逃したくないという強い気持ちがあります」

――ランボー選手自身、なかなかベルトに絡むチャンスはありませんでした。ここまでチャンスが巡ってこなかったという気持ちですか?

「そういう気持ちはなくて、逆に遂に来たか!という気持ちの方が大きいかもしれません。ベルトに絡むチャンスはそう簡単に来るものではないし、何度も挑戦して獲るという気持ちもないです。やっと巡ってきたチャンスを絶対にモノにしてやろうと思います」

――この試合が今大会のメインイベントです。お客さんにどんな試合を見せたいですか?

「面白い試合をして、その上で強いというところを見せたいので、それはいつもと変わりません。ファイトスタイル的にも僕と菅原選手が必ず盛り上がると思うので、絶対に会場を盛り上げます!」



大会詳細
BLOG
佐藤ルミナ
佐藤ルミナ
RUMINA SATO
UPDATE!! roots
桜井“マッハ”速人
HAYATO SAKURAI
UPDATE!! 総合格闘技 MACH 道場
MORE
HOME PAGE TOP
個人情報保護方針 利用規約/免責事項 お問い合せ窓口
修斗、及び修斗ロゴは登録商標です。無断で使用することは堅く禁じられております。無断で使用した場合は法的措置をとる場合がございます。
SITE MAP ENGLSH スケジュール イベント情報 リンク集