PROFESSIONAL SHOOTO JAPAN
PROFESSIONAL SHOOTO ORIGINAL OFFICIAL WEB SITE
修斗とは? プロフィール ランキング アマチュア ジム チケット販売 グッズ販売
スケジュール
 
  大会詳細
インタビュー
  


■神酒龍一
「ベルトを守るどうこうではなく、どんな形でもいいので、とにかく勝ちたい」




――初防衛戦に向けての調整はいかがでしょうか?

「大晦日の反省点を踏まえて、練習面を色々と変えてやってきました。自分の中では前回の課題だった部分を修正できたかなと思います」

――どういった部分を変えてきたのですか?

「自分の得意なことと不得意ことをはっきりさせて、それに特化した練習もやってきました。逆に僕は器用貧乏なところもあったので、試合展開に合わせて自分の武器をどう使うかを意識してやってきました。練習時間が長くなるということはなかったのですが、より自分の戦い方を具体的に作ってきました」

――去年はVTJフライ級トーナメント出場やDEEP大晦日大会への出場など、今までにないキャリアを積んだ1年だったと思います。

「一試合一試合テーマがあるというか、消化試合のようなものは一つもなかったと思います。本当に去年は色んなことが勉強になった年だったと思うし、厳しい結果が出た試合もありますが、やってよかったと思います。送り出してくれた関係者の皆さんには感謝しています」

――今大会で対戦する菅原選手とはこれが3度目の対戦で、神酒選手にとってはデビュー戦で敗れた相手でもあります。そういった相手と世界タイトルをかけて戦うことについて、どんな想いがありますか?

「菅原選手とはデビュー戦(2005年7月)とJCBホール(現TDCホール、2009年11月)で戦っていて、菅原選手とは『3回目があるならタイトルマッチで』という話もしていました。3度目があるという予感はあまりなかったですが、何回も戦っている選手ということで気にはしていましたね。ただ菅原選手は勝てない時期もあったので、まさかここまで来るとは思っていなかったです」

――確かに神酒選手が2013年に世界タイトルを獲った時期、菅原選手は連敗中だったので、菅原選手が挑戦者になることは想像しづらかったと思います。

「そうですね。瞬く間にという言い方は失礼かもしれませんが、ポンポンポン!と良い勝ち方をして、上がってきましたよね」

――最近の菅原選手の試合を見て、どんな印象を持っていますか?

「特に戦術や戦い方がガラリと変わった印象はないですが、勢いに乗っていると思います。菅原選手自身、インタビューなどで練習環境が変わったと言っていて、それがプラスに働いて吹っ切れた部分もあるのかなと思います」

――神酒選手としては2連敗中という中での防衛戦です。どんな試合でベルトを守りたいと思っていますか?

「ベルトを守るというよりも、逆に自分がベルトを獲るつもりで戦います。上から目線でベルトを守るという気持ちは全くないですね。自分自身、連敗中ですし、ベルトを守るどうこうではなく、どんな形でもいいので、とにかく勝ちたい。その一心です」

大会詳細
BLOG
佐藤ルミナ
佐藤ルミナ
RUMINA SATO
UPDATE!! roots
桜井“マッハ”速人
HAYATO SAKURAI
UPDATE!! 総合格闘技 MACH 道場
MORE
HOME PAGE TOP
個人情報保護方針 利用規約/免責事項 お問い合せ窓口
修斗、及び修斗ロゴは登録商標です。無断で使用することは堅く禁じられております。無断で使用した場合は法的措置をとる場合がございます。
SITE MAP ENGLSH スケジュール イベント情報 リンク集