PROFESSIONAL SHOOTO JAPAN
PROFESSIONAL SHOOTO ORIGINAL OFFICIAL WEB SITE
修斗とは? プロフィール ランキング アマチュア ジム チケット販売 グッズ販売
スケジュール
 
  大会詳細
インタビュー
  


■中村ジュニア
「このベルトと一緒に修斗を盛り上げて、強くなっていきたい」



――1月に宇野薫選手に勝利して環太平洋王者となった中村選手ですが、王者として過ごす日々はいかがですか?

「試合が終わってすぐの頃はすごくうれしかったですが、一緒に練習している選手たちの試合を見ていると『もっと自分も頑張らなきゃ』という気持ちが強くなってきました。変な話、周りの選手たちが活躍していると、みんな僕のことを忘れるんじゃないか?と思っちゃいました(苦笑)」

――では早く試合をしたかったですか?

「そうですね。特に去年は試合数が少なかったので、今年はどんどん試合をやりたいと思っていました」

――中村選手にとって宇野選手に勝ったことでどんなプラスがありましたか?

「宇野選手は今まで戦ってきた選手の中で一番怖さがありました。でもその宇野選手に勝ったことは自信にもなりましたし、自分がマッハ道場で教わっていることが間違っていないと改めて思いました」

――師匠の桜井“マッハ”速人選手からはどんな言葉をかけられましたか?

「『やったな!』と祝福していただきつつ『まだまだここで終わりじゃないからな』と言ってもらいました。それにマッハ道場には強い選手がたくさんいるから、普段の練習でもやられることが多いので、チャンピオンになっても強くならなきゃいけないという気持ちは変わらないです」

――今回はタイトル獲得からわずか約4カ月での防衛戦となりましたが、短期間で防衛戦をやることに抵抗はなかったですか?

「僕にそういう気持ちはなかったですね。僕はこのベルトと一緒に修斗を盛り上げたいというか、チャンピオンがベルトを持ったまま何もしなかったら、選手もお客さんも盛り上がらない。だったら僕はチャンピオンとして修斗を盛り上げながら、厳しい試合をクリアして強くなっていきたいです」

――中村選手にはチャンピオンとしてそういった想いがあるんですね。

「はい。修斗もそうだし、競技は違いますけど立ち技のK-1やKrushも、みんなでイベントを盛り上げていこうとしているのが伝わるじゃないですか。選手の僕らも今までみたいにただ試合をして強くなればいいという時代じゃない。僕たちから色んなことを発信して、盛り上げていかなきゃいけないと思っています。特に今、修斗も会場が満員になって盛り上がってきていると思うので、もう一度、(格闘技が盛り上がる)流れを作りたいです」

――挑戦者の斎藤選手にはどんな印象を持っていますか?

「打撃も思いきりがあって、グラウンドでも極めが強い。何でも出来る選手だなと思います」

――戦績を見ても攻略が難しい選手だと思うのですが、どんな試合をして勝ちたいと思いますか?

「僕は相手に合わせて戦い方を変えられるような器用なタイプではないので、相手を自分のペースに持ち込んでアグレッシブに攻めたいと思います。そして最終的にKOか一本で終わらせたいです」

――中村選手にとっては王者としての初戦で注目も集まると思います。どんな試合をして勝ちたいと思いますか?

「宇野戦とは違う意味での不安は正直ありますが、それも含めて試合のために万全の準備をしています。僕はどうしても判定が多くて、フィニッシュが少ないタイプですが(苦笑)、今回は自分のスタイルで戦いつつ、フィニッシュするところまでイメージして戦いたいと思います」

大会詳細
BLOG
佐藤ルミナ
佐藤ルミナ
RUMINA SATO
UPDATE!! roots
桜井“マッハ”速人
HAYATO SAKURAI
UPDATE!! 総合格闘技 MACH 道場
MORE
HOME PAGE TOP
個人情報保護方針 利用規約/免責事項 お問い合せ窓口
修斗、及び修斗ロゴは登録商標です。無断で使用することは堅く禁じられております。無断で使用した場合は法的措置をとる場合がございます。
SITE MAP ENGLSH スケジュール イベント情報 リンク集