PROFESSIONAL SHOOTO JAPAN
PROFESSIONAL SHOOTO ORIGINAL OFFICIAL WEB SITE
修斗とは? プロフィール ランキング アマチュア ジム チケット販売 グッズ販売
スケジュール
 
  大会詳細
インタビュー
  


■松本光史
「今以上に期待を背負える選手になるためには内容が求められる」




――4月に大尊伸光選手に勝利して環太平洋王者となり、3カ月という短期間で初防衛戦が決まりました。松本選手としてはすぐに防衛戦をやるつもりだったのですか?

「組んでもらえるならすぐにでもやりたいという話をしていました。タイトルを獲った試合でも特に怪我あったわけではないので」

――大尊選手は一発があるスタイルの選手ですが、やりづらさはなかったですか?

「結構集中して相手の攻撃が見えていたので、特に危ないと思うような攻撃はなかったです。試合自体は準備してきたことをしっかり出せた部分と全然出せなかった部分があって、いい経験になったタイトルマッチだったと思います。今回はその試合で出せなかった部分を修正・プラスして、という感じで自分を作ってきました」

――トータル的に松本選手が試合をコントロールしていたと思うのですが、本人的には試合で出来なかったこともあったのですか?

「はい。それが明確に分かったので、コーチ陣からはブーイングされました…(苦笑)」

――そうだったんですね。周りからはもっと出来るだろう、と。

「そうですね。それは自分自身でも思ったことです」

――そして初防衛戦として川名雄生選手と対戦することになりました。川名選手のことを対戦相手として意識したことはありましたか?

「修斗で戦っている同じ階級の選手だし、しかも無敗じゃないですか。うちのジムの選手とも試合をしていたので、いつかは戦うかもしれないと思って見ていました」

――選手としてどんな印象を持っていますか?

「外から見ていて、簡単に言うと体力があって頑張る・気持ちの強い選手だなと思います」

――かなりアグレッシブで動き続けることを信条にしているようなファイターですが。

「しんどい試合になるのは嫌ですね(苦笑)」

――松本選手も現在4連勝かつ3試合でフィニッシュしています。今の自分だったらフィニッシュして勝たなければいけない相手だと思いますか?

「そうですね。川名選手を下に見ているわけではないですが、しっかりした内容で勝たなければ僕の評価が上がる試合ではないと思っています。だから結果ではなく内容が求められる試合だと思いますね」

――現在、世界王者が同門の弘中邦佳選手です。すぐに世界タイトル挑戦が難しい状況ですが、モチベーションに影響はないですか?

「それは関係ないですね。今できる努力を続けて、あとは周りがどう動いてくれるかでしかないので。僕は自分が強くなって結果を出し続けるだけです」

――初防衛戦でどんな試合を見せたいですか?

「今までの戦績や実績を含めて、今の僕はみなさんに期待してもらえる選手だということを感じています。でもここから一試合ずつ自分の進化を見せていかないと、今以上に期待を背負える選手になることは出来ないと思っています。だから確実に練習を重ねて、進化を試合で見せた上で文句なしの結果を収める。そうやって着実に上まで上がっていきたいです」

大会詳細
BLOG
佐藤ルミナ
佐藤ルミナ
RUMINA SATO
UPDATE!! roots
桜井“マッハ”速人
HAYATO SAKURAI
UPDATE!! 総合格闘技 MACH 道場
MORE
HOME PAGE TOP
個人情報保護方針 利用規約/免責事項 お問い合せ窓口
修斗、及び修斗ロゴは登録商標です。無断で使用することは堅く禁じられております。無断で使用した場合は法的措置をとる場合がございます。
SITE MAP ENGLSH スケジュール イベント情報 リンク集